Yahoo!スポンサードサーチのアドバンスドURLシステム導入に伴う移行について

エビス・サポートセンター

時は刻々と迫ってきています。

そう。Yahoo!スポンサードサーチの「アドバンスドURLシステム」への移行期日へのカウントダウンです。

Yahoo!スポンサードサーチでは、2016年4月から新たなURLの管理システムである「アドバンスドURLシステム」を導入されましたが、実は2016年9月末までにURLをアドバンスドURL仕様に変更しておかないと、10月以降は広告の掲載を停止されてしまうんですね。

(参考:「アドバンスドURLシステム」移行のご案内」)

皆さまはもう移行作業を終えておられるでしょうか?広告の掲載が停止されてしまうと大問題ですので、移行作業は必ず9月末までに行ってくださいね!

さて、ということで今回はアドエビスをご利用いただいているお客様向けにご案内している「アドバンスドURLへの移行方法」を本ブログでご紹介します。

アドエビスをご利用の方も、そうでない方も、Yahoo!スポンサードサーチで広告を出稿している以上、必要な作業になりますので、広告掲載停止の憂き目を見ないよう、移行手順をご確認いただき、早めに移行作業を行っておいてくださいね!

 

そもそもアドバンスドURLシステムとは?

従来1つの広告に対して設定できるURLは“表示URL”と“リンク先URL”の2つのみでしたが、アドバンスドURLシステムでは下記のように5つのURLを設定することができるようになりました。

160608_img1

アドエビスのようなリダイレクトを用いる効果測定システムを利用されている場合は、主に“最終リンク先URL”と“トラッキングURL”の2項目を使用します。

最終リンク先URL
広告をクリックした際の遷移先、つまりランディングページのURLを最終ページURLに設定します。ちなみに「最終ページURL」のドメインは「表示URL」のドメインと一致させる必要があります。

トラッキングURL
効果測定や短縮URLなど、何らかの理由で「リダイレクトURL」を使って計測している場合は、リダイレクトURLをトラッキングURLに設定します。
(参考:「何が違うの?ダイレクト計測とリダイレクト計測」)

 

移行手順について

それでは、いよいよ移行手順についてご案内していきます。
Yahoo!スポンサードサーチより公開されている移行手順は現在2つあるのですが、今回は「キャンペーンエディター」を用いて移行する手順をご案内します。
※Yahoo!社では3つ目の移行手段(移行支援ツール)が6月中に公開予定と告知されています。

キャンペーンエディターを用いて移行する場合、移行手順をざっくりとステップに分けると以下の4ステップになります。

Step1 Yahoo!スポンサードサーチの管理画面から広告データをダウンロードする。
Step2 ダウンロードしたデータをアドバンスドURLシステムに適合するよう編集する。
Step3 編集したデータをキャンペーンエディターにインポートする。
Step4 キャンペーンエディターのデータをYahoo!スポンサードサーチにアップロードする。

▼移行に関しての詳細資料(移行手順書)
http://support.ebis.ne.jp/tool/temporary/yss/yss_advanced-url.pdf

 

Step1 Yahoo!スポンサードサーチの管理画面から広告データをダウンロードする。

1-1.Yahoo!スポンサードサーチ>キャンペーン管理>キャンペーンを開く。
1-2.キャンペーンタイプが[標準]のキャンペーンを選択します。
1-3.[ダウンロード]から[選択したキャンペーンのダウンロードファイルを作成]を選択します。

160608_img2

 

Step2 ダウンロードしたデータをアドバンスドURLシステムに適合するよう編集する。

2-1.移行作業用のcsvフォーマットをダウンロードします。
2-2.csvフォーマットにStep1でダウンロードしたデータを貼り付けていきます。
※データの貼り付け方など詳細は移行手順書をご覧ください。

160608_img3

大切なのは下記の2点です。

1.“最終リンク先URL”と“表示URL”のドメインが一致していること。
2.“トラッキングURL”にアドエビスのリダイレクトURLが、“最終リンク先URL”にランディングページのURLが入っていること。

この2点が正しく設定できていないと、せっかく移行作業を行ったのに審査に落ちてしまう可能性がありますので、十分に注意してください。

 

Step3 編集したデータをキャンペーンエディターにインポートする。

3-1.作成したcsvファイルをキャンペーンエディターにインポートします。

160608_img4

 

Step4 キャンペーンエディターのデータをYahoo!スポンサードサーチにアップロードする。

4-1.キャンペーンエディターにインポートした情報をYahoo!スポンサードサーチにアップロードします。

160608_img5

 

最後に

以上で移行作業は完了です。
意外と簡単にできますので、ぜひお試しください。

繰り返しになりますが、移行の際は下記の移行手順書をご活用ください。
なお、前述したとおり、6月中にYahoo!社から移行支援ツールが公開されるということです。
どんなツールなのかはまだわからないのですが、より簡単に移行作業ができることが予測されますので、支援ツールが出るまでは作業をもう少し待ってみてもいいかもしれないですね。

また、弊社でもアドエビスをご利用のお客様向けに2016年7月頃に移行支援ツールを公開する予定ですので、公開の際にはまた改めて告知させていただきます。
※弊社で開発中の移行支援ツールは、アドエビスのURLを効率よくアドバンスドURL仕様に変更するツールでございますので、アドエビスのURL以外には利用できませんので、何卒ご了承ください。

ただ、移行の締め切りまで「まだまだ4ヶ月もあるじゃん!」と思っていると、あっという間に「その日」が来てしまうなんてことはままあるので、皆様早め早めに移行作業を行っておいてくださいね。