満員御礼で開催された「エビスレポーティングサービス」セミナーレポート!

エビス・マーケティング・カレッジ運営事務局

こんにちは! コンサルティング営業の須賀と申します!

1月14日に「エビスレポーティングサービス(略してエビレポ)」をリリースしたことを記念し、1月28日・29日に、「Webマーケティング分析レポート」公開セミナー を開催しました。

今回は「エビレポ」を通して“データを分析する”方法をご説明という内容だったのですが、初回セミナーはすぐに満員になり、追加の公演も、即日満席になるほどの大盛況!

ご参加いただきました、皆様ありがとうございます!

 

セミナーは即日満席になるほどの大盛況!

セミナーは即日満席になるほどの大盛況!

 

今回のセミナーのテーマである「Webマーケティング分析」とは?

アドエビスをご利用いただいているお客様に限らず、広告効果の最適化には、膨大なデータを扱い、この膨大な“データを分析する”ことが必要不可欠です。

ただ、この膨大なデータに対して、実は「扱いきれません」、「データはあるけどどうすれば…?」という方がとても多いんです。
膨大なデータに対して指標を定めて“分析”したものが「エビスレポーティングサービス」です。

先ほどから“分析”“分析”と、たくさん言っていますが、この「そもそも“分析する”って何?」をテーマにセミナーは始まりました!!

“分析”の定義を、私たちはこの2つだと考えています。

1.現状の整理
2.仮説の立案

今、みなさんの頭にはとてもとても難しい論説が浮かんでいませんか? 会場にいらした皆様のお顔も難しい顔に!

次にトゥールミンモデルを引用してご説明しました。

 

002

 

色々とお話ししましたが、つまり必要なことは下記の3つ。

1.証拠
2.主張
3.保証

証拠は「事例やデータ」、主張は「メッセージ」、保証は「論拠」。

データは広告効果を測定しているみなさんお持ちですよね? 主張はやるべきこと。そしてデータから見えることが証拠に。
ここまでが“分析”の概念ですね。
ここからは失敗例と成功例をもとに比較し、データの整理方法から、分析に大切なことを4つに分けてご説明しました。

一つ一つの例に対して、表の動き、そして注意して見る箇所について、皆様きっちりメモされています。

 

003

 

今回いらしたお客様方からは、「成功、失敗というコンテンツで非常にわかりやすく理解できました」や「もっと難しく考えていたのですが、シンプルでいいんですね!」という安堵の声も。

最後の質問コーナーでは、講義の内容の確認から、「事例をもっと見たいです」というお声もいただきました。

さらにその場でご注文をいただいたお客様も!
本当にありがとうございます。

また、今回、講師を担当したのはマメ研先生こと、松本健太郎先生!
松本先生はマーケティングメトリックス研究所主任研究員であり、今回のエビスレポーティングサービスの生みの親でもあるんです!

とてもありがたいことに「個別にもっと詳しく聞きたい」という声も多数いただき、その際はマーケティングアドバイザーはもちろん、講師の松本も一緒に訪問し、さらに詳しい説明をさせていただきたいと思っておりますので、これからもよろしくお願いします。

現在、募集中のセミナーはこちらからチェック!

 

参加者の声

・御社のサービスも魅力的だがノウハウを公開くださったことはとても役立ちそうです。お客様も含め、データはあるが分析ができないということが多くあるので是非参考にさせていただきたいです。ありがとうございます。【代理店ご担当様】
・失敗事例と同じ分析をしているものがあり、良い気づきになりました【旅行業・Webご担当様】