エンジニアが描く、自動?手動?効率化?

THREeサポートセンター

皆様こんにちは、THREe開発担当の竹上です。

皆様が運用されているリスティング広告には、「システムを使うことで自動化できそうな部分」と「手動でしかできそうにない部分」があります。

我々エンジニアの腕の見せ所は、“どれだけ後者の領域を侵食できるか” というところでしょう。

昨今、入札に関する部分はだいぶ自動化によって効率化されてきましたが、キーワード選定の部分に関しては思考錯誤が繰り返されています。

この領域はさきほどの「後者」寄りです。 現在この領域を攻める新機能を考案中ですので、簡単に構想だけ紹介させてください。

その名も「キーワード再帰登録システム!!(どうか二番煎じではありませんように・・・)

再帰とはプログラミングの世界で使われる用語です。

意味は「自身を参照する」ということ(え?分からない?

…専門用語はさておき、ざっくりキーワードを自動的にどんどん追加していきましょうという話です。

下記に具体的な流れを説明いたしますね。

—–

今回は、不動産屋さんと仮定します。

まず親のキーワードを用意します。

「不動産」(部分一致)

極論、最初の作業はこれだけで大丈夫です。

こちらを数日間放置すると検索クエリーがたまります。

部分一致には「拡張」という概念もあるので、「不動産」とだけ登録していたはずが「マンション」とかにも出るはずです。 おおよそ予想では「不動産 東京」、「マンション」、「土地」…などが取得できるのではないでしょうか。

これらをまた部分一致で登録すると、拡張の幅がじわじわ広がっていきます。

「不動産」⇒「マンション」⇒「賃貸マンション」⇒「賃貸」⇒「賃貸 渋谷」⇒…

f4c880803fa698265c7437350e9e1ab0

 

この作業を数日に1回、繰り返すのを再帰と呼べば「キーワード再帰登録システム」の完成です。

(パチパチパチ!!) わらしべ長者のごとくキーワードが膨れていくのが目に見えますね。

たった1キーワード登録するだけで、いつの間にかアカウントが出来上がるなんて夢のようではないですか?

しかし、これでは成果が悪い可能性もあります。

出鱈目にキーワードを登録すればCVが取れるキーワードもあれば取れないキーワードもあります。

また手動でもできるのでは?となります。

そこでより自動で効率化を考案するのがエンジニアです。

より成果を上げるエッセンスをプラスしてみましょう。

1.CVが上がったキーワードを優先的に登録するようにする。

2.クリック数が一定数に満たないキーワードは、新規部分一致対象に入れない。

3.コストが一定以上消化されCVが取れないキーワードは、完全一致、 部分一致ともに削除し、除外キーワードに登録をする。

4.フレーズが4語以上から構成されているキーワードは利用しない。

こういった内容を条件に加えられることを検討しております。

人ではできなくはないがやるべきことが増え、しかも面倒なところです。

ここまでカバーできてこそ、本当の効率化かと思います。

まだ構想段階ではありますが、現状の機能でも近しいところまでは可能ですので、早くここで実装のご案内をできるように頑張ります。

THREeでは、簡単に運用するための機能を日々開発中です。

是非ご利用いただき、皆様の業務を自動・効率化していきます。

ご興味ございましたら以下までご連絡をお願いいたします。

皆様のリスティング広告運用のパフォーマンスをより高めていただくために、今後もツールの立場から尽力してまいります。



THREeに関するお問い合わせ・資料請求はこちら

「リスティング広告運用業務をもっと効率化したい」、
「リスティング広告運用をもっと簡単・シンプルにしたい」
など、
ご要望やお悩みがございましたら、お問い合わせ・資料請求くださいませ。

お問い合わせ・資料請求