iPhoneは効果測定できない?整理したい効果測定の仕組みの話

今回はiPhoneデバイスの効果測定とCookieのお話をしたいと思います。

世間では、1st Party Cookieのみ計測可能で、3rd Party CookieはNGと言われています。

しかし、実際はどうなのでしょうか?

1. 1st Party Cookie と3rd Party Cookie とは?

前提として理解していただきたいことは、1stと3rdをわけているのは、「Cookieを発行した発行元はどこなのか?」という点です。つまり、発行元によって1stと3rdにわけられます。

ちなみにCookie(クッキー)とは、ユーザーがサイトを閲覧した際に、データを一時的に保存しておく技術、及びそのデータのことを指します。

WEBマーケティングの効果測定では、このCookieという技術を使っていますが、1st Party Cookie と3rd Party Cookie の双方を使っているので、まずは違いを簡潔にご説明したいと思います。

1-1. 1st Party Cookie とは?

1st Party Cookie は、ユーザーが訪問しているサイトから発行されたCookieを指します。

つまり、ユーザーが訪問したサイトのドメインから直接Cookieを付与された場合、それは1st Party Cookieです。

1-2. 3rd Party Cookieとは?

一方で3rd Party Cookieは、ユーザーが訪問したサイト以外のドメインから発行されたCookieのことを指します。

つまりユーザーが訪問したサイトのドメインと、Cookieが発行されたドメインが異なる場合、そのCookieは3rd Party Cookieと呼ばれます。

そして、この3rd Party Cookieをブロックするブラウザが増えていると世間一般で言われており、効果測定には向かないといった声も聞かれるのです。つづいては、その点を見ていきましょう。

2. 効果測定ツールは、何で計測しているか?

効果測定ツールは1st Party Cookie を使用する場合もあれば、3rd Party Cookieを使用する場合もあります。

つまり、一概に「効果測定ツールは3rd Party Cookieだ」と考えることはできません。ただ、比較的3rd Party Cookieを使用するツールが多いのが実情です。

ただ、Googleアナリティクスや、ADエビスのような広告効果測定ツールは1st Party Cookieです。

3. iPhoneは何が計測できて何が計測できないのか?

では本題のiPhoneの効果測定について、見ていきましょう。

ご存じかもしれませんが、iPhoneの標準ブラウザsafariのデフォルト設定は、「1度訪問したサイトならOK」です。

「1st Party CookieのみOK」ではなく、「1度訪問したサイトならOK」なので、一度でもユーザーが訪問したサイトであれば、3rd Party Cookieも付与します。

よって、一度でもユーザー訪問したサイトであれば、3rd Party Cookieを使った効果測定ツールも計測可能です。

さらに、1st Party Cookieを付与する効果測定ツールは、当然ながらユーザーが一度も訪問していないサイトであっても計測は可能です。

今回のまとめ

世間では「3rd Party CookieはNG」と言われていますが、必ずしもそうではないことがお伝えできたかと思います。

さらに1st Party Cookieを付与するツールであれば、iPhoneの効果測定でCookieがブロックされるといった不安は一切感じなくてよいでしょう。