ランディングページを無料で作りたい?要チェックなサービス5選

自社の商品やサービスを訴求したいときに、ランディングページは欠かすことができません。

世の中には、様々なランディングページ作成サービスが展開されていますが、はじめから有料サービスを使うのは勇気がいるものです。

テストマーケティングだと考えれば、お金を使うのも気が引けますし、最初から良いランディングページを作るのはプロでも無ければ難しく、ABテストを繰り返す前提であれば最初は無料で良いですよね?

今回は、ランディングページを試しに無料で作ってみたい!・・・そんなニーズに応えるサービスを5つまとめてみました。

 

1. ペライチ

まずは国産のランディングページ作成サービスとして人気の「ペライチ」から紹介します。

001

ペライチの特徴としては、PCはもちろん、スマートフォンやタブレットでの表示に対応しているほか、専門知識がなくてもSEOに最適化したページを作成することが可能だったり、シンプルでデザイン性に優れたテンプレートが豊富に準備されていたりといった点があげられます。

無料プランで可能な範囲は、ランディングページ1ページの作成、月間10,000PVまでと、それほど充実はしていないものの、国産サービスということで、日本語での説明が充実しているほか、ページの作成が容易である点は評価に値します。

ページ作成方法は、本稿執筆時点において、約40件ほど用意されているシンプルなテンプレートから土台となるものを選択し、PowerPointなどを操作するかのごとく、内容を編集し、公開ボタンを押すだけとかなりシンプル。

今すぐにランディングページを作りたい時、向いているサービスだと言えます。

なお、有料プランも2種類用意されています。月額980円(通常プラン)を支払うことで、独自ドメインの設定や、問い合わせフォーム機能の追加に対応し、オフィシャルかつ問い合わせのあるページ作成が可能なります。

さらに月額1,980円(プレミアムプラン)を支払うことで、通常プランの機能に加え、独自HTML要素の差し込み機能とペライチフッターの非表示対応が可能となるので、ビジネス利用やコーポレートサイトなどとしても利用できるようになります。

他にも、たくさんのページを作りたいユーザー向けに、ページ追加オプションが1ページあたり月額300円で提供されているほか、通販が可能となる決済オプションも、月額500円で提供されているので気になる方は要チェックです。
 

2. Instapage

次に、海外サービスの「Instapage」を紹介します。

001

こちらのサービスは、14日間限定無料なので、厳密に言うと無料サービスではありませんが、非常に使いやすいUIを備えているので、知っておいて損はありません。

試しにランディングページを作ってみたい場合にはおすすめしたいサービスの1つです。

まず、100以上にもおよぶテンプレートは、すべてカスタマイズが可能です。さらに、素晴らしいのが、外部のテンプレートでも、デザインとコンテンツをそのまま同サービスのサーバーにコピーし、使いやすいランディングページビルダーで使用できるテンプレートとして再構築してしまう点です。

既存コンテンツを保有しているものの、それらをカスタマイズできずに困っているという方にも優しいですね。また、様々なデバイスで快適にアクセスが可能なよう、レスポンシブデザインが採用されている点も嬉しいポイントです。

001

プランは、月額29ドルのベーシックプラン、月額55ドルのプロフェッショナルプラン、月額127ドルのプレミアムプランの3種類が用意されており、やや高額にも思えますが、いずれも作成可能ページ数および訪問者数、ドメイン数が無制限で、かつプロフェッショナルプランからはA/Bテストが付帯してるなど、サービス内容が充実しています。

説明はすべて平易な英語で記載されていますが、とはいえ国産サービスと比較すると、言語に対する壁はやや高めです。

あなたが英語に対して抵抗がないのであれば、おすすめしたいサービスの1つであると言えます。
 

3. Wix

続いては、イスラエル出身企業のWixがリリースしているホームページ作成ツール「Wix」です。

001

Wixはドラッグ&ドロップで操作が可能なホームページエディタで駆動するので、HTMLの知識がなくても、思い描いた通りのデザインを作成することができます。

それにスマホやタブレットにも完全対応しているので、モバイルデバイスからアクセスするユーザーを逃すこともありません。

正直なところ、これらはすでに他サービスでも実現されているので、代わり映えしないといえばそうかもしれません。しかし、デザイン面は好みがあるので断言はできませんが、個人的にWixはテンプレートのデザイン面で他サービスと比較して優れていると思います。

001

テンプレートは、カテゴリごとに分かれているので、多様性のあるデザインの中から、業種ごとにタイプが合うものを選択することができます。

001

無料プランでも十分に実用的ですが、ビジネス利用を考えると、広告などが掲出されているのはいただけません。そこで気になるプレミアムプランですが、こちらも充実しています。

月額841円のコンボプラン以上のプランを選択すれば、広告を削除することができますし、ネットショップ開設プランも用意されているので、ランディングページ上で商品の販売を行いたいという方にも向いています。

 

4. strikingly

次にご紹介するのは、海外サービス「strikingly」です。

strikinglyは、海外サービスとはいえ、日本語のWEBサイトも用意されているので、先のInstapageと比較すると言語に関するハードルは低いといえます。

001

まず、同サービスのWEBサイトをご覧いただくと分かりますが、何ともスタートアップに向いたデザインといいましょうか。シンプルで、洗練されていて、どこか上品さもあり・・・先に紹介した各サービスと同様、HTMLやデザインの知識はないものの、美しいデザインのサイトをすぐに開設したいという方にはおすすめのサービスです。

もちろん、簡単で使いやすいエディタ機能が搭載されていたり、レスポンシブデザインに対応していたりと、基本機能面も充実。

001

提供プランは、無料プランと8ドルのリミテッド版、16ドルのプロ版の3種類。無料版では、できることがもちろん限られますが、商用でなく、独自ドメインの必要性やストア機能も必要ないのであれば、十分に使えるといっても良いでしょう。
 

5. WordPressの活用

数あるCMSツールの中でも特に人気のWordpressですが、ランディングページを無料で作りたいのであれば、無視できない手段の1つといえます。

国内外の優秀なデザイナーたちによって作成された、豊富な無料デザインテーマを使用すれば、少ない労力で簡単に無料のランディングページを作ることができます。

しかし、これまで紹介してきたサービスと比較すると、Wordpressに関する必要最低限の知識の習得が必要である点で、障壁が高いと言えます。

これまで、様々なランディングページの作成ツール・サービスをご紹介してきましたが、ランディングページは作って終わりというものではなく、ページ開設後にA/Bテストなどを通じて、随時改善していくことが大切です。

001

弊社では、手間なく、自動的に効果的なランディングページを見つけ出すことができる「LPOエビス」というサービスを提供しています。

ランディングページを作成したら、ぜひLPOエビスを使って、ランディングページの最適化を目指してくださいね!



実務に活かせるマーケティングノウハウを無料で差し上げます!

CPA評価を辞める時
~刈取り広告に依存しない評価指標”Total CPA”とは?~

資料ダウンロード