CTRが182%も改善?!「Google拡張テキスト広告」活用できていますか?

THREeサポートセンター

国産リスティング広告運用プラットフォームのTHREeは10月26日にバージョンアップし、「Google拡張テキスト広告」に対応いたしました。

「Google拡張テキスト広告」活用できていますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.クリック率が2倍以上向上した
2.コンバージョン率が18%伸びた

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「Google拡張テキスト広告」を活用する事で、上記のように非常に大きなパフォーマンス改善実績があると、Google AdWords 公式ブログで公開されています。

そのため、競合他社に先駆けて検証を行い、差し替えを検討する必要性が高いと言えます。

実際、弊社アドエビスのリスティング広告においても、8月にブランド指名系のキャンペーンで拡張テキスト広告を検証した結果、

「CTRは約2倍」182%改善し、
さらにCPAも半分以下の38%まで改善しました。

そのため、現在は全ての広告文を拡張テキスト広告に統一して、リスティング広告を運用しています。

161116_three_01

新たにTHREeでできるようになったこと

これまでTHREeでは「Google拡張テキスト広告」に対応していませんでしたが、10月26日より、他社リスティング広告運用ツールに先駆けて(※当社調べ)、「Google拡張テキスト広告」に対応し、下記2点が行えるようになりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.「Google拡張テキスト広告」の入稿・編集作業
2.「Google拡張テキスト広告」を含めたCSVレポート・バルクデータのダウンロード

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「Google拡張テキスト広告」を効果的に活用する方法

1.バルク入稿機能を活用することで、まとめて一気に「Google拡張テキスト広告」を入稿できます。

2.従来のテキスト広告とABテストを行いながら、ルール機能を活用することで、パフォーマンスの悪い、または良い広告文を、毎日メールでお知らせすることができます。
※都度パフォーマンスを確認することなく、必要な箇所だけすぐに改善できます。

3.約1ヶ月後を目処に、CSVレポートをダウンロードしてABテスト結果をご確認いただくことで、拡張テキスト広告に全差し替えする・しないをご判断いただく材料となります。

皆様のリスティング広告運用のパフォーマンスをより高めていただくために、今後もツールの立場から尽力してまいります。



THREeに関するお問い合わせ・資料請求はこちら

「リスティング広告運用業務をもっと効率化したい」、
「リスティング広告運用をもっと簡単・シンプルにしたい」
など、
ご要望やお悩みがございましたら、お問い合わせ・資料請求くださいませ。

お問い合わせ・資料請求