初めての記事広告にチャレンジする時に注意したい3つのこと

ここ数年、デジタルマーケティングにおけるコンテンツの重要性は高まるばかりです。

単純に広告だけでマーケティングを展開するよりも、コンテンツを組み合わせることで成果を上げた事例もあります

もちろんオウンドメディアを開設して運営していく選択肢もありますが、まずはコンテンツと商材の相性を確かめるために、記事広告にチャレンジしてみたいと考えている方もいますよね。

そこで今回は、初めて記事広告にチャレンジする方向けに、3つの注意点を挙げてみました。

 

メディアの読者・特性を知ること

まずは数あるメディアの中で、どのメディアに出稿すべきなのかを考えなくてはなりません。

パッと、すぐに思いつきがちなのが、「PV・UU数が多いところ」といった判断基準ではないでしょうか?

しかし、単純にPV・UUが多いところに出稿しても、思ったような成果は上がりません。

メディアには固定読者(つまりはファン)がいて、そのメディアの特性があります。

その読者や特性に商品・サービスが合わなければ、いくらPV・UUが高くても親和性がなく、かけた予算に見合うような成果は上がらないでしょう。

まずはメディアの読者・特性を知って理解することが大事です。

 

商品・サービスの特性とメディアが合うポイントを探る

メディアの読者・特性を理解したら、つづいてはそれらと自社の商品・サービスの特性が合うポイントを探っていくことが大事です。

多くの場合、メディアには編集者が存在して、メディアが持つ文脈に各コンテンツが沿っているかといった点を気にしています。

言い方を変えると、メディアには文脈が存在していて、その文脈に合わなければ、いくら魅力的なトピックだとしても扱わない場合があるということです。

そういったメディア側の事情を理解した上で、商品・サービスが持つ特性の中で、編集者が(メディアの文脈に合っている。)と感じるポイントを探っていきましょう。

 

キーとなるコピーをあらかじめ用意する

メディアの編集者はもちろんプロですから、あなたの商品・サービスをより魅力的にするコピーを考えてくれるはずです。

しかし、こちらからもどのように取り上げて欲しいのかを明確にするために、キーになるコピーを用意した方が良いと思います。

コンテンツを作るのは基本的にはメディアの方ですが、両者の感覚をすり合わせるためにも、この一工程は必要です。

商品・サービスの特性は一つとは限りませんよね?

読者に一番伝えたい魅力を最大限に伝えるにも、キーとなるコピーをこちら側で用意するのをオススメします。

・・・ここまで、記事広告にチャレンジする時の3つの注意点をお伝えしました。

ただ、まだ記事広告の出稿に半信半疑の方もいらっしゃると思います。

ホワイトペーパーに、実際に記事広告で成果が上がった事例を詳しくまとめたので、ぜひご覧ください。



実務に活かせるマーケティングノウハウを無料で差し上げます!

成果を上げるためのコンテンツマーケティングとは

成果を上げるためのコンテンツマーケティングとは

コンテンツ1つでクリック数150%アップ!?成果を上げるために、なぜコンテンツマーケティングが重要なのかを解説します。