3つの視点:デジタルマーケティングにおけるコンテンツの重要性とは?

コンテンツマーケティングは一過性のブームだったのでしょうか?

いえいえ、そんなことはありません。デジタルマーケティングにおいて、依然としてコンテンツの重要性は高いものがあります。

だからこそ、これからの時代、コンテンツが良くなければデジタルマーケティングで成果を上げられない、と言っても過言ではありません。

今回は、そんなデジタルマーケティングにおけるコンテンツの重要性について、3つの視点から考えてみましょう。

 

1. コンテンツ is KING.

ビル・ゲイツが「コンテンツ is KING.」と言ったように、コンテンツの重要性はかねてから人々の意識の中にもありました。

しかし、Googleを始めとするアルゴリズムが、かつて被リンクを今以上に重要視していた時代、いくら人々が良いと思ったコンテンツでも、日の目を見ないこともありました。

また、今ほどソーシャルメディアが普及していなかった時代では、コンテンツがシェアされることはありません。

結果、おそらく良いコンテンツも多くの人々の目に触れることは少なかったのではないでしょうか?

しかし、2017年の今は本当に多くのコンテンツが存在します。

もちろんまだまだ玉石混交ではありますが、アルゴリズムはより良いコンテンツを発見できるよう改良を加えられ、ソーシャルメディアの普及で良いコンテンツが人々の目に触れやすくなりました。

 

2. コンテンツが喚起する潜在的なニーズ

一方、コンテンツだけの話ではなく、デジタルマーケティング全般にもここ数年で大きな変化がありました。

かつては、顕在ニーズを持った顧客に向けたマーケティングをメインに考えれば、ある程度のコンバージョンは出ました。

なぜならバナー広告のクリック率は、かつて10倍程高く、クリック率を上げて、ランディングページでCVRを上げればCPAが抑えられる、というシンプルな構造だったからです。

しかし、今はなかなかCPAだけを見て抑えようとしても、難しいものがあります。

そうなると、複数のマーケティング施策を走らせて、潜在的なニーズを持つ顧客層に向けていかにマーケティングをしていくか?が重要になってきます。

その潜在的なニーズに訴えかけるには、接触時間が短いバナー広告ではなく、動画や文章を使った「コンテンツ」なのです。

顧客と一定時間を共にすることになる動画や文章は、顧客の潜在的なニーズを喚起できる可能性を秘めているのです。

 

3. 進化するデジタルマーケティングとコンテンツの関係性

昨今では、ますますオートメーション化が進むデジタルマーケティングですが、一方で発想力が求められる仕事は、人間にその力が求められています。

その仕事の一つは、ずばりコンテンツを作ることです。

人が感動すること、人が共感すること、そして人の心に残るもの。それらは、まだ機械には作り出すことができません。

もちろん人工知能が書いた小説など、最新の事例が紙面を賑わせていますが、今のところ人間が作るコンテンツ以上に良いコンテンツを作る話は聞いたことがありません。

デジタルマーケティングは、今後もオートメーション化が進みます。

しかし、一方でコンテンツが重要であり、そのコンテンツを作るのが人間である点は変わらないのではないでしょうか?(この答えは、今の私たちには予想することしかできませんが・・・。)

さて、未来に備えて私たちができることは、データに基づいた確かで再現性の高いマーケティングをするため、しっかりと効果測定していくことかもしれません。

ちなみにADエビスを使えば、複数のコンテンツがもたらす効果はもちろんのこと、様々な施策が同時並行しても大丈夫です。

顧客とのタッチポイントを可視化して、データに基づいたマーケティングを展開できるのでオススメですよ!



実務に活かせるマーケティングノウハウを無料で差し上げます!

CPA評価を辞める時
~刈取り広告に依存しない評価指標”Total CPA”とは?~