広告効果測定の始め方!便利なツールと導入事例

直接コンバージョンにつなげるリスティング広告だけではなく、バナー広告や動画広告、オウンドメディアなど、広告を出すにはさまざまな方法が存在します。しかし、実際の広告の貢献度について把握するのは難しいものでしょう。こうした問題について、それぞれの広告効果を分析するのが広告効果測定です。

広告効果測定を行うことで、より広告効果をアップする運用や戦略を立てることが可能になります。広告効果測定はツールを使って自分で行うこともでき、多くの広告の中からより効果的な打ち出し方を見出す助けになるのです。

 

広告効果測定とは

広告効果測定は、さまざまな形で出稿している広告について、それぞれがどのようにコンバージョンに効果をもたらしたかを数値化する方法です。そして広告効果測定では、その広告が最終的なコンバージョンに行き着いた成果を分析する必要があります。

効果測定、天国と地獄?マーケターが理解すべき効果測定5つの基本とは?
https://blog.ebis.ne.jp/marketing/effect-measurement-five-basic/

また、バナー広告やリスティング広告の中でも、掲載メディアや検索ワードなどの関連性を詳細に調べることで、顧客とより接触が図れる方法がどれなのかを知ることも大切です。これにより、広告を出すメディアを絞って無駄を省くことが可能になります。

それぞれの広告効果を分析し、一目で確認できるのが広告効果測定ツールです。これを使えば、広告ごとの数値をバラバラに確認することがなくなり、的確なデータ分析をひとまとめにすることができるのです。

 

広告効果測定とアクセス解析の違い

広告効果測定は、その広告のクリック数やコンバージョン数、コンバージョンごとの広告費用(CPA)などを分析する方法です。似た仕組みを持っているものにアクセス解析がありますが、その目的は大きく異なっています。では、その違いについて見ていきましょう。

アクセス解析

アクセス解析は、企業サイトや商品を購入するECサイトなどについて、そのアクセス数や顧客の動きを分析するものです。アクセス解析でカバーできるのは瞬間的な数値であるほか、リアルタイムでの解析も難しいのが現状です。

広告効果測定

広告効果測定では、できるだけ長期的なスパン、またリアルタイムでの顧客の動きを把握することが求められます。さらに、さまざまな形態の広告ごとにクリック数やコンバージョン数、さらに購入単価など細かなデータを収集することも必要です。

 

広告効果測定ツールを選ぶポイント!

広告効果測定を的確に行うためには、ツールを有効利用するのがおすすめです。こうしたツールにはいろいろな種類がありますが、その選び方のポイントも押さえておくべきでしょう。例えば、多くの企業が使用しているという信頼度や、リアルタイムで顧客の動きを把握できる機能、分析結果のレポート機能の充実などが挙げられます。

さらに、単に顧客を頭数で見るのではなく、それぞれの顧客の動き(カスタマージャーニー)を追跡する分析方法も注目を集めています。広告効果測定ツールを選ぶならば、どのような点を重視するかをよく考える必要があるでしょう。

海外の効果測定ツール3選ー日曜大工もマーケティングも「道具」が命!
https://blog.ebis.ne.jp/marketing/effect-measurement-of-overseas/

 

広告効果測定の効果

広告を打つ方法にはいろいろあり、顧客は多方向から流入することが考えられます。そのため、「ある顧客が複数の広告をクリックしたけれど、コンバージョンに至ったのは1回のみ」といったズレが生じることもあるのです。こうしたコンバージョン数の重複は、正確な広告効果測定で避けることができます。それを実現するのがアトリビューション分析です。この分析方法では、ある顧客がコンバージョンに至ったときにどの広告が貢献したのかを分析することが可能です。

アトリビューション分析とは何か?広告効果を可視化する方法と問題点
https://blog.ebis.ne.jp/marketing/attribution-analysis/

 

広告効果測定のメリット・デメリット

それぞれの広告効果について正確に分析する広告効果測定ですが、メリットとデメリットの両方があります。では、まずメリットから見ていきましょう。

・複数の広告の中で、コンバージョンへの貢献度が高いものに予算を割くといった配分ができる
・広告を出稿したさまざまなクリエイティブの中から、より効果が見込めるものだけに絞り込むことができる
・広告効果を見込むために、より親和性の高いメディアを抽出できる
・これからも広告を打ち出すべきかどうかの指針を決められる

なんとなくじゃダメ!広告の効果測定がつくる4つの意思決定ポイント
https://blog.ebis.ne.jp/marketing/decision-points/

次に、デメリットについて挙げていきます。

・単純にCPAを算出するだけでは、長期的な目で見た顧客獲得につながりにくい
・顧客が接触する広告が多様化したことで、コンバージョンまでにたどった経路(カスタマージャーニー)を細かく測定する手間がかかる
・顧客の中の潜在層へのアプローチを的確に行うよう測定結果を活用しなければならず、時間や手間を要する

Webマーケの効果測定方法を見直すべき3つの理由
https://blog.ebis.ne.jp/attract/limit-of-cpa/

 

アドエビスの広告効果測定

アドエビスの広告効果測定の特徴

アドエビスの広告効果測定ツールは、顧客における顕在層の分析から潜在層へ目を向けた広告戦略を可能にします。さまざまな経路をたどってコンバージョンに至る顧客の動きを分析し、広告効果の有無や結果の理由などについて、正確に分析することが可能です。

アドエビスの機能紹介
http://www.ebis.ne.jp/function/

導入事例とお客様の声

アドエビスでは、アトリビューション分析やカスタマージャーニー追跡などをサービスとして展開しており、企業に必要なデータ収集を提供しています。多くの企業ではコンバージョン向上を実現しており、喜びの声がたくさん寄せられているほか、データの正確さやコスト面でも好評を頂いています。

導入事例についてはこちら
http://www.ebis.ne.jp/actual/

 

最後に

広告を打ち出す形態は多様化しており、さまざまな方法でアプローチすることがコンバージョン獲得のカギとなります。しかし、ただ広告を出せばいいというわけではなく、顧客を獲得するための広告の出し方を検討したり、自社の商品やサービスを必要とする顧客の動きを可視化し、的確な広告戦略を企業が考えたりする必要があるのです。そのためのサポートを行うのが、アドエビスが提供する広告効果測定ツールです。使いやすさやコスト面も充実しているツールを使って、次につながる広告戦略を立てていきましょう。



実務に活かせるマーケティングノウハウを無料で差し上げます!

CPA評価を辞める時
~刈取り広告に依存しない評価指標”Total CPA”とは?~