SEOの新常識!GoogleSearchConsoleで試すべき3つの機能

今回は、Googleの検索情報を見ることができる唯一のサービスである「Google Search Console」で試してほしい3つの機能を紹介します。

おそらく殆どの人が「聞いたことがないなぁ」と思われるでしょう。以前は「Googleウェブマスターツール」という名称だったと聞けば「あれか!」と思われるかもしれません。

「Google Search Console」はサイトを改善し検索からの集客を強化するためのツールです。ですが本質的には、「サイトに訪問したユーザーにとってわかりやすいサイト作りをしているか?」を把握することにあります。

そこで、どの機能を使えばサイト作りを把握できるのか、3つに絞って紹介したいと思います。

1つ目:検索アナリティクス機能

“not provided”対応以降、GoogleアナリティクスやADEBiSなどの解析ツールでは、ユーザーがどのような検索ワードでサイトに流入しているかわからなくなりました。

しかし、「Google Search Console」を使えば、その検索ワードがわかるようになります。それが検索アナリティクス機能です。

2015年現在、検索情報を見ることができる唯一の無償サービスだと言われています。(ちなみに厳密で精緻にトラッキングした数値ではなく、あくまで統計的な数値だと言われています)

 

01

図1:検索アナリティクスの画面

 

検索アナリティクス機能では、検索ワードごとに、検索結果での表示回数、クリック数、CTR、そして掲載順位がわかります。

 

また、ページ毎、デバイス毎にも表示することが可能です。

ページ単位で検索ワードの傾向を見ることができますし、デバイス単位(PC、スマホ、タブレット)でも検索ワードの傾向を見ることができます。

例えば、ある特定のページの流入数が全体平均と比べてかなり低いときに、SEO対策通りの検索ワードで流入しているかを把握するのに、大いに役立つでしょう。

02

図2:ページを指定することも、比較することもできる

 

このほかにも、表示回数が多いのに掲載順位が低い検索ワードや、掲載順位が高いのにCTRが低い検索ワードを見つけることで、コンテンツの改善につなげることができるでしょう。

 

ちなみに機能制限があり、データは過去90日分しか表示されません。90日以前のデータは削除されるようです。

したがって1週間に1回はログインして、データをダウンロードすることが望ましいでしょう。

またデータは表示制限があり、999件になります。したがって、分析はダウンロードしてエクセル上で作業をしたほうが良さそうです。

 

2つ目:コンテンツキーワード機能

どんなサイト(コンテンツ)であっても、掲載順位が高く、多くのユーザーを送客してくれる、”強い”検索ワードを1つは持っておくことが説かれています。

この検索ワードがGoogleに認識されているかを確認することができます。それがコンテンツキーワード機能です。

サイト(コンテンツ)内のキーワードの出現度をもとに評価し、重要度の一覧が表示されます。

 

03

図3:コンテンツキーワードの画面

 

キーワードをクリックすれば、出現頻度の高いページ(コンテンツ)一覧が表示されます。

04

図4:上位のURL一覧

 

サイト全体で訴えたいキーワード群が決まれば、コンテンツキーワードと比較しながら改善することができます。

ただし、この結果はサイトの中だけの順位であって、そのまま検索アナリティクスの結果に合致するとは限りません。そこだけ注意が必要です。

 

3つ目:モバイルユーザビリティ機能

2015年4月、Googleが「モバイルフレンドリーアップデート」を実施しました。モバイル(スマホ)検索ではスマホで利用しやすいようなページの掲載順位を引き上げることが目的です。

スマホでの検索にのみ影響があると言われていますが、今やスマホからの流入が多いサイトのほうが殆どですから、このアップデートは各界に激震を呼んだのではないでしょうか。

 

Googleは「Flashなどスマホで一般的でない立地コンテンツを使っていない」「拡大表示しなくても文字が読める」「コンテンツが画面のサイズに合っている(横スクロールや拡大表示をしなくていい)」「タップしやすい」などの例を掲げ、スマホ対策を促しています。

こうしたスマホ対応が確実に実施できているかを確認できるのが、モバイルユーザビリティ機能です。

各ページを6つの点から見て、スマホ対策が十分かを確認することができます。

 

05

図5:モバイルユーザビリティ

 

問題があれば、問題のあるページと、そのページ数を確認できます。重要度順にソートされて表示されるので、どのページから対応すれば良いかがわかるようになっています。

ちなみに、Googleは”モバイルフレンドリー”を強く推しているようで、独立した機能も提供しています。

それがモバイルフレンドリーテストです。

 

06

図6:モバイルフレンドリーテスト

 

この機能を使えば、スマホ対応に「合格」しているか判定され、かつ修正点まで教えてくれます。

 

まとめ

今回は、「Google Search Console」の特徴的な3つの機能を紹介しました。

いずれもコンテンツの内容に直接関するものではありませんが、質を高めるためには欠かせない機能ばかりです。

ぜひ、皆さんの運営されているサイトにも導入し、まずは今回取り上げた3つの機能を使ってみてください。