『インハウスマーケティング』のススメ

はじめまして、THREe運用支援担当です。

THREeにて10月よりサービス強化により、企業様のインハウスでのWebマーケを支援するインハウスマーケティングシステムを開始致しました。

それに伴い企業様のインハウスマーケティングを支援するブログも始めました。

ぜひ、インハウス運用を実施するにあたりお役に立てるような情報を運用面・開発面にて情報を共有していけたらと思いますので、ご愛読頂けますと幸いです。

では、本題の「インハウスマーケティングのススメ」を。

昨今、DSPが台頭しリスティング広告と合わせて一層運用型広告の 重要性、ニーズが高まっています。企業様側でも取り扱うデータ量が日に日に増えており、そのデータをいかに自社のマーケティングに活用していくかが課題になっているかと思います。

また、せっかく集めたデータを実際のマーケティングに活かさない手はございません。

それをスピーディに「運用型広告」に活かしていくための手法として 「インハウス(自社内)」で運用される企業様が増えてきております。

アメリカではCMO(Chief Marketing Officer)と呼ばれる 企業内にマーケティングの旗振り役を持つことが既に一般化しております。

CMO2

インハウス運用のメリットとしては、主に下記のようなことがございます。

・企業様側が最も知りうる自社の情報を広告にダイレクトに反映できる。
・自社内での運用のため、スピーディに施策や出稿を行える。
・運用したノウハウを「自社」のノウハウとして蓄積できる。
・メディアバイイングの費用を抑えることができ、出稿費を増額できる。

ぜひ、興味を持たれた方はインハウス運用を検討してみてはいかがでしょうか。

興味を持たれた方、まずは最もダイレクトかつモチベーションの高いユーザーにアプローチできる「リスティング広告」から初めてみることをオススメします。

検索ユーザーのモチベーションに合わせたキーワードを選定し、ニーズに合った広告文とリンク先を設定。

また、ご予算についても自由に設定できますので、第一歩としては 一番はじめやすい広告かと思います。
まずは初回ですので、ここまで。

今後はインハウス化に成功した事例などもご紹介していければと思います。インハウスでのマーケティングをご検討の方は、下記フォームより お問い合わせくださいませ。 専門の担当が貴社のインハウス化を支援いたします。

皆様のリスティング広告運用のパフォーマンスをより高めていただくために、今後もツールの立場から尽力してまいります。



実務に活かせるマーケティングノウハウを無料で差し上げます!

「リスティング広告運用業務をもっと効率化したい」、 「リスティング広告運用をもっと簡単・シンプルにしたい」など、 ご要望やお悩みがございましたら、お問い合わせ・資料請求くださいませ。

お問い合わせ・資料請求