AI時代を迎えるマーケターがデータ分析で心に留めておきたい3つのこと

デジタルマーケティングのうち、データ分析と呼ばれる領域で人が行う業務は、どんどん変化しています。

ここ数年だけを切り取っても、AIを導入した様々なWEBツールが出てきましたし、単純なデータの管理や分析であれば、人が工数を割く必要が減ってきました。

ここで「AIが仕事を奪う」のようなお決まりの文句を言いたいわけではありません。

これからAIが本格化して行く時代を迎える上で、私たちマーケターはデータ分析でどのようなことを心に留めておくべきでしょうか?今回、3つにまとめました。

 

正しいデータが取得できているか?

まずは分析の根幹となるデータについて、(どのデータを正とするのか?)といった点を見極めないとなりません。

世の中に、データを取得できるツールはたくさんあります。

いくらAIによる最適化が進んでも、取得したデータの信頼性が低いと全てが台無しです。

大前提として、取得した数値が正しいと信じられるかどうか?

この点は真っ先に自問自答すべきです。たとえ無料の効果測定ツールを使っていて、非常に使い心地が良いと思っていても、本当にデータに不具合はないかどうかを見定めるべきです。

繰り返しますが、いくら高度なデータ分析ができても、元となるデータが正しくなければ全てが台無しです。

 

データの深掘りはできるか?

ただ取得したデータを管理して、簡単に分析するだけならAIで事足ります。

遠い未来の話ではなく、すでにGoogleアナリティクスなどと連携して、マーケターが工数をかけずに簡易レポートを出せるようなツールは存在しています。

私たちマーケターがこれから考えるべきことは、AIができないような、数字として明らかになっていないデータを想像し、データを深掘りして分析することです。

もちろん言葉で言うのは簡単で、実行するのが難しいことです。

ただ、そのための準備はできます。

データを取得して分析するという一連の流れをWEBツールやクラウドのプラットフォームで行うにも、ただ数字の羅列が並ぶような、そこに意味を見つけにくい管理画面のものもあれば、何回かのクリックを経ればデータ分析の環境を整えられる機能を持つものもあります。

そういった違いを見つけて、良いものを選び、出てきたデータを深掘りする癖をつけることは大切な準備です。

 

発想の飛躍ができるか?

最後は(発想の飛躍ができるか?)といったことをお伝えして終わります。

言いたいことは一つで、”デジタル”マーケティングの領域を飛び越えて、発想の飛躍ができるか?といった話です。

例えば、マーケティングの目的を達成する上で、必ずしもデジタルである必要はないのです。

あるいは、マーケティングと呼ばれる領域を超えた企画かもしれません。

ブランディングやプロモーション、PRもそうですし、サンプリングも視野に入れる必要があります。

こういった発想の飛躍は、AIには難しいはずです。

私たちマーケターはこれからの時代、データをベースにして最適解を求めるのではなく、最適解のために(時にはデータを横目に)柔軟な発想をすることが求められます。

実際の現場は、コスト管理や「できること、できないこと」で雁字搦めかもしれませんが、これは心に留めておきたいことです。

実務に活かせるマーケティングノウハウを無料で差し上げます!

顧客のエンゲージメントを高めるには。現代において重要となる2つのキーワード

共創マーケティング・コミュニティの2つのキーワードに触れつつ、顧客のエンゲージメントを高めるヒントをまとめました。